スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

[ダイエット通信]汗をかかない人は臭い!?いい汗と悪い汗とは・・・

日本の肥満問題に終止符を打つ!禁断の究極ダイエットサプリ★ファットウォッシュ
 9月も終わりだというのに、残暑が厳しい昨今。運動しなくても汗をたくさんかけていいな、なんて思っている人もいるかも。 

 人間の体は、ふだん生活しているなかで体の表面にある汗腺から自然と汗が出るしくみになっている。たとえば気温の高いときや、運動したり(温熱性発汗)、熱いモノ、辛いモノ、酸っぱいモノを食べたり(味覚性発汗)、驚いたり不安や緊張したりする(精神性発汗)など。その働きの大半は、温熱性発汗だ。体温が上昇したときにそれを下げるべく、皮膚表面から水分を蒸散させるために、血液中の水分が汗腺に送り込まれるのだ。このとき、水分のなかにはすでに体内に吸収されているミネラル分が含まれ、血管のなかに再吸収されるようになっている。ちょっぴり汗がしょっぱいのは、水分にわずかな塩分も含まれていて、汗となって一緒にでていくからだ。

 あまり知られていないことだが、ふだんかいている汗には「いい汗」「悪い汗」があるという。はたして、それはいかに!?

 「いい汗」は、血液へミネラル分の再吸収機能が働いて、サラサラとした汗だ。この場合、汗をたくさんかいても、気化熱の放出で蒸発しやすくなり、問題なく体温調節ができる。また、汗にはわずかな塩分しか含まれないので、皮膚表面を弱酸性に保つことができる。このため、ニオイの元となる常在菌の繁殖を最低限に抑えられ、たとえたくさん汗をかいたとしても、あまり臭わないというわけだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


カーナの約束(30包入り)【落札SA0925】


◆ダイエット関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト

2007年09月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。