スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

高校野球:秋季東北地区大会 盛岡大付コールド勝ち 盛岡四、初出場対決制す /岩手

【5,251円以上で送料無料】コラントッテ[Colantotte]マルチサポーター(ひざタイプ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000094-mailo-l03
 来春のセンバツ出場高選考の重要な参考材料となる第60回秋季東北地区高校野球(東北地区高野連主催、毎日新聞社など後援)が11日、盛岡市の岩手県営野球場と花巻市の花巻球場で開幕し、1、2回戦各2試合があった。
 酒田南(山形(3))はサヨナラ勝ち、盛岡大付(岩手(3))はコールド勝ちでともに2回戦へ。盛岡四(岩手(1))は聖和学園(宮城(3))を接戦で破り、初出場同士の対決を制した。東北(宮城(1))は延長十四回の末にサヨナラ勝ちを収めた。
 12日は両球場で2回戦の残り6試合がある。【狩野智彦】
 【県営野球場】
 ◇帝京安積、及ばず
 ▽1回戦
帝京安積(福島(3))
  0030000=3
  700201×=10
盛岡大付(岩手(3))
 (七回コールド)
 (帝)菅野大―岡部
 (盛)鴇田、多田―中村
▽本塁打 塩田(帝)
 盛岡大付は一回、熊谷、三浦、伊藤の適時打に加え守備の乱れに乗じた打者一巡の猛攻で7得点と大量リード。四回、六回にも計3点を追加し突き放した。帝京安積は三回、塩田の左越え2点本塁打などで3点を返したが勢いに乗れなかった。
 ◇悔しさばねに殊勲の投球--盛岡大付・鴇田優磨投手(2年)
 大柄な左腕のエースが1カ月前、苦杯をなめたマウンドで躍動した。「できれば完封したかった」と悔しさをにじませたが、殊勲の投球で帝京安積を被安打5、失点3に抑えた。
 宮城県出身...

ニュースの続きを読む


★楽天イーグルスありがとうセール★某プロダクションから流出!!最高級のプロポーションを超短...


◆ダイエット関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト

2007年10月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。