スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

富士経済、生活習慣病予防など効能・効果18分野の健康志向食品市場調査、07年の売上は1兆2668億円に

【今だけお試し価格】【4個買うともう1個ついてくる♪】実質5個分【送料・代引き手数料無料】ス...
 富士経済は、8月~10月にかけて、健康・美容に良いというコンセプトの健康美容食品(H・Bフーズ)のうち、健康志向食品の「明らか食品」と「ドリンク類」を18の効能・効果面から整理し、各分野の動向を実査、分析した。その結果、健康志向食品市場は、04年のブームを超えて、07年の売り上げは1兆2668億円(06年比104.4%)に達する見通しなどの点が明らかになった。なお報告書では、効能より味覚を重視する健康志向食品「明らか食品」と「ドリンク類」、それにこの分野で許可された特定保健用食品も加えて報告書「H・Bフーズマーケティング便覧2008」(No.1)にまとめている。
 健康志向食品市場は、07年は前年に比べ4.4%拡大して1兆2668億円となり、これまでの最大であった04年の1兆2641億円の市場規模を超える見通しとのこと。08年は、さらに1兆2700億円以上に拡大すると予測する。07年市場をけん引したのは、特定保健用食品が数多く含まれる整腸効果、生活習慣病予防、虫歯予防などの効能分野。現在、特保の許可商品は、そのほかに健康志向食品では骨強化、貧血予防・改善、ホルモンバランスの3効能分野にあるという。 機能志向食品分野においては、アガリクスなど健康食品の安全性に懸念が指摘されて素材イメージが低下し、流通側が取り扱いを見合わせ、さらには健康食品そのものを疑問視する流れに発展したことが、06年の伸び悩み要因になった。そして、これを機に、データの裏づけがあり、ヘルスクレーム(健康強調)を訴求することが可能な特定保健用食品が見直されたことが07年の拡大要因の1つといえると分析する...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【今だけお試し価格】【4個買うともう1個ついてくる♪】実質5個分【送料・代引き手数料無料】ス...


◆ダイエット関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト

2007年11月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。