スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

<早分かり>ここまで深刻!台湾芸能界の薬物汚染

【ポイント】セルラック10日に1回のダイエット補助食品?非常に珍しいタイプの商品です。本物志...
最近、連続して報道されている台湾芸能界の薬物関連の報道。環球時報の報道によると、とある台湾芸能関係者は「台湾芸能界の3人に1人は薬物使用経験がある」と語ったという。台湾芸能界の薬物汚染状況は深刻で、すでに「公然の秘密」ともいえる状態だ。

香港と比べ、薬物スキャンダルが台湾に多い理由を金羊網の報道ではこう分析している。
映画産業の発展している香港では、ハリウッドと同じく映画の品位が高い。映画俳優であるためには清廉潔白なパブリックイメージを保たなければならない。これに反して、テレビ界が芸能界の中心である台湾では、芸能人に求められるのは大衆的なイメージ。タレントの中には、文化教養面でもあまり素養のない面々も存在する、とのこと。

昨年からの1年間で、表沙汰になった台湾芸能界の薬物スキャンダルは以下の通り。

<2006年>
■10月―大麻一斉スキャンダル勃発。大麻の不法栽培を行っていた住宅から、映画監督やアイドル、番組司会者など芸能人15人の名前を含む顧客リストが見つかる。人気番組「国光幇幇忙」の司会者・屈中恒(チュイ・チョンホン)とトゥオ宗康(トゥオ・ゾンカン)がマリファナの使用歴を告白したほか、黄仲昆(フアン・ジョンクン)、スザンヌ・シャオ(蕭淑慎)など6人の芸能人が逮捕される。

<2007年>
■1月―歌手の方順吉(ファン・シュンチー)が大麻の不法所持により撮影現場で逮捕。2003年にも薬物事件を起こしている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


d5_38


◆ダイエット関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト

2007年11月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。