スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

岡田斗司夫氏の減量に思う ダイエットは楽しむもの 

簡単ダイエット【カットパニックSOS 5個以上代引・送料無料!!】吸収される前に…まとめてカッ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071115-00000018-tsuka-ent
オタク学の権威・岡田斗司夫氏の『いつまでもデブと思うなよ』という本が人気を集めている。体重が117kgあった著者が50kgの減量に成功、自身のダイエット体験をまとめたものである。その中で著者が口を酸っぱく語っていたのは、今は見た目第一主義の時代、デブは損をするということである。

商品を選ぶ時に何を基準に選んでいるか見直してみよう。私は最近、商品パッケージの色彩やデザインにつられて買うことが増えた。企業側もそれを見越して、より可愛く、美しく、またスタイリッシュなデザインの商品を開発しているように見える。特にこの傾向はタバコに顕著である。少し前まではタバコの自販機にこれほど色とりどりのパッケージは並んでいなかったはずだ。

デブに話を戻そう。私も大学を出た頃に激太りをしたクチである。その前後で周りの人の私を見る目が明らかに変わった。顔を合わせるたびに口を揃えて「痩せれば?」と言ってくるようになった。余計なおせっかいとしか受け取れないアドバイスをせっせとしてくる友達もいた。見た目が変わると人に対する意識がここまで変わるものかと痛感した。

そして、岡田斗司夫氏が前述の著書で指摘したのは、デブにはデブというイメージがつきまとい、それ以外の個性は「らしくない」の一言で片付けられてしまうということだ。つまりデブであるだけで、動作がとろい・大食らい・怠け者・頭の回転が遅い・明るく大らか・怒らないなどの性格と認識されてしまう...

ニュースの続きを読む


 Kyoko+Mika Kano SUPER BEAUTY BODY&DIET / 叶姉妹


◆ダイエット関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト

2007年11月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。