スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

リクルート「Tech総研」の研究レポート その一言にムカッ!年下上司vs年上部下の微妙にして危うい関

全国のフィットネスクラブへの導入率No.1のコンビのエアロバイク【SA071126】【税・送料無料】...
リクルートが運営するサイト「リクナビNEXT Tech総研」(http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/)は、エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』情報を毎日お届けしています。

年功序列の制度がほとんど崩れたといって過言ではない現在、職場の人間関係の様相は、大きく変わりつつあります。特に、上司の年齢が部下よりも低い場合、お互いに気を使い、やりにくさを感じるケースは想像に難くありません。

そこで今回、年上部下または年下上司になった経験のあるエンジニア100人に対するアンケート調査から、この両者の間にある「壁」を明らかにしつつ、最適な関係性を徹底検証してみました。

まず年齢差について、「最大いくつ離れた状況で仕事をした経験がありますか」という質問では、「5歳未満」が最も多く49%。次いで「5歳以上10歳未満」が36%という結果になりました。

それでは、なぜ「年下上司・年上部下」という構造を経験することになったのかを聞いたところ、ダントツに多かった回答は、やはり「年功序列の崩壊」と「完全能力主義」。次いで「転職による不可抗力」。

続いて、年下の上司に対する意識調査では、「何歳であろうが特に気にならない」との答えがいちばん多く、30%。コメントでは「年齢よりもその人の適性や性格が問題」との意見が目立ちました。

次いで3歳以上5歳未満、1歳から3歳未満でした。「1歳でも年上なら気になる」との回答は6.0%で多くはありませんが、そうは言っても大きな年齢差には消極的で、10歳以上15歳未満の年上部下と答えた人は、わずか1.0%でした...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


■代引無料■【溶岩浴マグマ石】浅間山溶岩純度100%!


◆ダイエット関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト

2007年11月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。