スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

自転車タクシーで来場者送迎!「ベロタクシー」が街をゆく=東京・蒲田

カリスマOL秘密のおやつ
【PJ 2007年11月18日】- 東京・蒲田の街中を、人力で動く見慣れない乗り物が行き来し始めた。名称は、自転車タクシー「ベロタクシー」。これは、11月16日~18日まで大田区産業プラザPIO(東京・南蒲田)で開催されている「おおた環境・福祉展2007」の会場と最寄りのJR蒲田駅の間(徒歩13分)の無料送迎用に登場したもの。

 自転車タクシー「ベロタクシー」の発祥は、1997年にドイツのベルリンで「環境にやさしい新しい交通システムと動く広告がひとつになった無公害乗り物」として開発された。乗客2人で、ドライバーを入れると3人乗り。今回は、読売新聞社の広告の1台を含めて2台が活躍している。

 女性ドライバーの話によると、ペダルの感覚は自転車より少し重い程度だというが、2人が乗ると女性の脚力では少しハードになるのかも知れない。ヨーロッパでは乗客、広告スポンサー、ドライバー、地域住民、行政の協力で各都市で運行されていると、乗り場の説明掲示にある。都内では、車の路上駐車規制で、宅急便やサービス営業に自転車の活用が増えているが、広告や自治体支援、ダイエットしたいドライバーなどの連携で新しい活用が見いだせるかもしれない。

 今回の「おおた環境福祉展」は「『モノづくり』に込めた工夫を暮らしにも…ひとりひとりの環境意識」と題し、風力発電やソーラーシステム、屋上緑化など、「地球温暖化防止」をテーマとした様々な企業の開発内容を展示...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【アディベラ】


◆ダイエット関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト

2007年11月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。