スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

富士経済、加工食品市場調査、07年のカップ入りスープは食べるスープが中心となり市場は278億円に拡大

ブリタにはない携帯性を備えた浄水器は史上初?□貝印 携帯タイプの浄水ポット オフィスロカ30...
 富士経済は、07年8月から今年の食品産業界について調査を行っている。その第2回目の結果を報告書「2008年 食品マーケティング便覧 No.2」にまとめた。この報告書では、菓子32品目、スナック9品目、アルコール28品目、スープ12品目の4カテゴリー計81品目の市場動向を収載した。2007年見込みのトピックスとして、カップ入りスープは、“食べるスープ”が中心となり市場は278億円に拡大(前年比5.3%増)。プレミアムビールは、「エビス」と「ザ・プレミアム・モルツ」が好調で市場は前年比41.2%増と驚異的な成長(1605億円)、などを発表した。
 菓子は、グミキャンディが大人向けの需要を開拓し活性化した。07年はキャドバリーグループが三星食品へのTOBを実施し、僅差でひしめきあっているキャンディ業界再編への第1弾になるとみられており、今後の業界動向が注目される。 スナック菓子は、最大市場のポテトチップスを始め、07年は軒並み前年実績を上回っているとのこと。参入メーカーによる積極的な新味開発や新規ブランドの投入が奏功して活性化につながっているほか、容器、サイズのバリエーション展開による取り扱い店舗と売り場面積の拡がりで消費者との接点が増加したことも好調の要因と分析する。 アルコール飲料は、RTD(低アルコール飲料)で、07年にキリンビールがオープンプライス、および新自主ガイドラインを導入したことも影響し、前年割れの見込み。ビール類では、プレミアムビールが躍進する一方、新ジャンルのビール風味アルコール飲料が06年の酒税法改正にともなう増税で伸びが鈍化した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【2個以上で送料無料】汚れた血液のままでは痩せられない!レッドゾーン×2個


◆ダイエット関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト

2007年12月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。