スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

<TBS株>第2位株主が3分の2を売却 友好的投資家に

 天上天下キャラクターコレクション EXTRA BOUT.1 凪宗一郎&ボブ牧原(CCCD) / 保志総一...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070618-00000111-mai-bus_all
 靴販売大手、エービーシー・マートの三木正浩会長の資産管理会社でTBSの第2位株主になっていた「イーエム・プランニング」(東京・目黒)が、保有するTBS株の約3分の2を売却し、株式の保有割合を3月末の9.91%から3.35%に引き下げていたことが18日、同社が提出した大量保有報告書で明らかになった。報告書では、時間外取引で売却し、売却先は不明としているが、関係者によると、TBSに友好的な投資家が取得したとみられる。
 一方、TBS株の買い増しを表明している楽天はイーエム社からの株取得を否定した。
 TBSは28日の株主総会で買収防衛策導入の承認を提案する。同総会の議決権は3月末時点の株主名簿で決まるため、イーエム社の議決権比率は変わらないが「三木氏はTBSの提案に賛成するのではないか」などとして、TBS優位が固まったとの見方が出ている。また、TBSは「安定株主が6割」としており、イーエム社が売却した6%強を合わせると、それ以後の株主総会で定款変更などの重要決議が可能な3分の2以上を確保した可能性が高い。
 楽天によるTBS株買い増し問題では、これまでTBS株の1割弱を保有するイーエム社の動向が焦点で、TBS・楽天双方が三木氏に働き掛けていた。イーエム社は昨秋ごろからTBS株を買い集め始めたが、当初から「純投資」と明言。TBS株価は当時から3割以上上昇しており、今回の売却で同社は相当の利益を得たとみられる...

ニュースの続きを読む


ネオロマンス Paradise Cure!(1)


◆三木 エービーシー関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。